DMNAの構成要素

HOME  >  テクノロジー  >  DMNAの構成要素

DMNAを構成する主な要素

DMNA

革新的アルゴリズムDMNAは因数分解、折り返し演算、階層化処理等の数学的手法を用いて、DCT(離散コサイン変換)、ME(動き検出)などのアルゴリズムの冗長な計算を徹底的に削減します。
例えば上式のような画像・動画の圧縮処理でよく使われるDCT演算、逆DCT演算。
この複雑な演算も、DMNAを使って簡単な計算の組み合わせに変換すれば大幅な高速化が実現できます。

因数分解

因数分解を活用して、計算を簡略化。
演算回数を大幅に削減させます。

因数分解

折り返し

折り返し理論を活用して、数値空間を
狭くして演算回数を削減します。

折り返し

演算階層化(1)

演算式を階層化し、優先度を付けて
必要な計算だけを実行します。

演算階層化(2)

複雑な計算式を、階層化することに
よって簡易化します。

演算階層化

関数の変換

それぞれの関数を、効率的に
変換します。

関数の変換

暗号化

データ量を増やすことなく、
高度な暗号データを埋め込みます。

暗号化

お問い合せ

本社

03-3492-3633 WEBからのお問い合せはこちら